インターネット上で楽曲を発表する中、
2011年 5月に "Green Night Parade EP" をALTEMA Recordsよりリリース。
タイトルトラックの"Green Night Parade”のOriginal MixとPandaBoYによるRemixが
各所でヘビープレイされ大きな注目を集める。

ドラマチックかつエモーショナルなメロディを活かした
エレクトロニカ以降のエレクトロ・サウンドを武器に、
アイドルやアニメへの楽曲提供を中心に本格的な活動を開始。
平野綾、Google ChromeのCMで一躍話題となったlivetune「Tell Your World」のリミックス、
アップアップガールズ(仮)、私立恵比寿中学、
劇場版『とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』の劇中歌や
『蒼き鋼のアルペジオ』ED曲や『プリパラ』主題歌などを担当。
アーティストたちをはじめ、高い評価と人気を博すようになる。

他にも黒崎真音、内田真礼、三澤紗千香、石原夏織への楽曲提供や、
人気アイドルゲーム『Tokyo 7th シスターズ』のグループ、
777sistersのプロデュースを担当した他、人気アニメ『がっこうぐらし』ED曲を担当。
また、コンポーザーとして活動する傍ら、ライヴをはじめとするソロ活動を精力的に展開。
EDMシーンの貴公子、Porter Robinson「Flicker」の公式リミックスを担当する他、
自身の楽曲「Green Night Parade」が
イギリス国営放送「BBC Radio 1」でオンエアされるなど、
その高い音楽性は国内を飛び越え、海外でも大きな評価を博している。

Twitter
SoundCloud

2016.08.05. FRI
東京STREET2016 at 新宿LOFT

2016.08.14. SUN
fu_mouニューアルバム『with open』発売記念リリースイベント at タワーレコード新宿店

2016.08.15. MON
『with open』リリース記念 スペシャルコラボレーションライブ
fu_mou × アップアップガールズ(仮)at 初台DOORS

2016.09.04. SUN
リスアニ!ナイト at 恵比寿LIQUIDROOM

fu_mou 1st Album Release Tour 2016「with open」
with DJ WILDPARTY D-YAMA 

2016.08.27 SAT
秋葉原MOGRA 18:00〜

2016.10.07 FRI
北海道mole 23:00〜

2016.10.14 FRI
名古屋X-HALL 23:00〜

2016.10.30 SUN
浜松G-SIDE 13:00〜

2016.11.03 THU
大阪ジラフ TBA

2016.11.04 FRI
仙台SHAFT 23:00〜

2016.11.19 SAT
群馬LEVEL5 23:00〜

2016.11.26 SAT
秋葉原MOGRA 23:00〜

冨田明宏

fu_mouのメロディは、いつも青くて、どこか切なくて、ウソみたいにエモーショナルで、どうしようもなく泣ける。その上、サウンド・デザインの多彩さも業界屈指。
こんなにクリエイティブなアーティスト、そう簡単に出会えるものではない。間違いなく今もっとも聴くべきアルバムです。

錦織博 (アニメーション監督)

fu_mouさんには「劇場版とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」で、劇中の歌姫のための楽曲をお願いした。一曲の発注に対して、いただいた二曲のデモ曲が共にみずみずしく、弾けるような魅力に溢れていて、無理を言って両方を採用させてもらった。誰にも渡したくないというのが正直な気持ちだった。
そんなパッションを喚起するのがリズムなのかメロディなのかは判らないが、この思わず独占してしまいたくなるような想いを引き出す力がfu_mouさんの楽曲には確かにある。やはり、今回のアルバムにも「欲しい!」と思わせる曲が揃っている。
粒だった果実のように、新鮮でオリジナルの魅力に満ちた楽曲の数々、どうかご賞味あれ!

松野莉奈(私立恵比寿中学)

fu_mouさん「with open」発売おめでとうございます!! 私はエビ中の曲でfu_mouさんが作って下さった「スターダストライト」が大好きで、ライブのセットリストに入っていると、テンションが上がります♪ アルバムを聞かせて頂いて、どの曲も素敵な曲でリピートして聞かせて頂いています!!

吉河順央

ドキッとするフックから、瑞々しさと芳醇さの入り混じったような音の波にさらわれます。 その中で歌われる真っ直ぐなメッセージに浸ると、寂しそうには鳴ってないのに、追い立てられるように心になにかが溢れ湧いてきます。多角から襲われるメロディの集合体!

D-YAMA (MOGRA店長)

このアルバムのリード曲「Abyssal Drop」がリリースされることになったきっかけでもあるMOGRA MIX vol.1のリリースツアーから4年余り。ツアーメンバーだったDJ WILDPARTY、PandaBoY、僕の3人は彼のエモーショナルなメロディと圧倒的な迫力のライブに魅了され、ツアーの最中には彼のことを"エモうさん"なんてからかったりすることもありました。
哀愁、衝動、希望。fu_mouさんの音楽は1つの曲の中で様々な感情や思いを呼び起こしてくれる。ただ"エモーショナル"なんて言葉だけでは片付けられない。もし自分が薄暗い中で立ち止まっているような、もし自分に少し自身がなくなっているような、そんな人たちにこそぜひこのアルバムを聴いて欲しい。きっと明日からは少しだけ開けた世界が待っていると思う。

DJ WILDPARTY

Green Night Paradeから5年、一緒に全国各地をツアーで回ったり、色んなイベントで共演したり、呑みに行ったりもしたfu_mouさんのアルバムが遂に届きました。
細やかなプログラミングの中で真っ直ぐに歌うfu_mouさんの楽曲はfuture bassやグリッチホップ、EDMといったジャンルではあるものの、その芯に不器用ながらも力強く生きるロックを感じさせてくれます。
クラブミュージックリスナーからロックファンまでここまで全ての人にオススメできるアルバムはそうそう無いと思います。新しい音楽の扉が開くキッカケに最適な一枚です。

kz (livetune / livetune+)

インターネットの向こう側からもたらされたこの福音は一筋の光であり、希望だ。たった一人によって奏でられる旋律と感情の渦は決して少なくはない人々をこの数年で巻き込んでいった。この夏、イースト・トウキョウから聴こえてくる仄かに暖かな9つの灯りに照らされる瞬間をみんなで喜び分かち合おうじゃないか。

Miii

うおー!ずっと待ってました、fu_mouさんの単独アルバム!馴染みやすいのに感情的なメロディー、縦横無尽で「どうやったらこんな音が出せるんだ!?」と驚くこと間違い無しの氏のサウンドテクニック…。今まではライブに足繁く通うことで味わっていたその感動を、遂に手元に置いて体験しまくる事ができます。超名曲「Abyssal Drop」「East Tokyo」に、ブリブリのベースラインとグルーヴが気持ちいい「You Know You Lied」「Walk Around」、そして血管はち切れそうなほどエモーショナルな「Shout」等々、リスナーの胸の奥を沸騰させること必至の楽曲たちです。展開も歌詞も覚えるほど聴いて、今度はダンスフロアでシンガロングならぬ「Shout along」なんて良いですね。最高の作品です!

tofubeats

デスクトップから溢れんばかりのエモーション!
パソコンの中に留めておくのはもったいない!
是非、持ち歩いて聞いてみてください。

tomad (Maltine Records)

あの"Green Night Parade"の衝撃から5年、待ちにまったオリジナルリリースに立ち会えて嬉しいです。
色彩豊かなエレクトロニックビートの上でこんなにも情熱的に歌うとは!驚きました。
作家仕事で培ってきたポップな要素がいい意味でフィードバックされ、ようやく本物のfu_mouが浮かび上がってきた気がしました。

2016.8.27 update

アップアップガールズ(仮)佐保明梨

今回、『with open』のジャケットとMVに参加させていただきました!!!本当に本当に本当に嬉しいです!!!まさかの!アプガ以外のMVやジャケットに!!わ~~~~びっくりですね!!!しかも一人でだったのでドキドキでしたが、とても楽しかったです!!!全速力で走ったり、アプガではあまりしないような表情もたくさんしたので、みなさん絶対に絶対にたくさん見てくださいね~~!!!そして、『with open』リリース記念 スペシャルコラボレーションライブ fu_mou ×アップアップガールズ(仮)も決定しました!!!きゃ~~これは嬉しいですね!!!!『with open』にも収録されている、「このメロディを君と」をfu_mouさんとアプガで一緒に歌いたいです!!あとは 「Abyssal Drop」もすごく好きなので、歌いたいなぁ~~~。とてもとても楽しみです!!みなさんぜひ遊びに来てください!!!!!!!!!!!!!!!

黒崎真音

様々なカラーの音楽を紡ぎ出す天才アーティスト、それがfu_mouさん。fu_mouさんが作るメロディ、サウンドを聴くと異次元に吹き飛ばされたような高揚感で満たされる。 まだfu_mouさんの音楽に触れたことがない方、人生損してますよ?

柴那典

僕はエレクトロニック・ミュージックにおいて大事なのは「歌われる必然を持った言葉」と「それを遠くまで届ける意思のこもったメロディ」だとずっと思っていて。 fu_mouさんの曲はそういうものに照準を絞って研ぎ澄ましている感じがする。旗印としての「East Tokyo」。

飛内将大

根っからの切ない男が紡ぐ音はやっぱりどこか切なくて、 より切なく切なく生きようとする彼の生き様が音楽となって鼓膜を伝わり、 どうしても琴線に触れるのです。

ヒゲドライバー

ネット系のクラブカルチャーを追ってる人なら知らない人はいない、最高のアンセム『Green Night Parade』。出会いは、そこからでした。その後、僕の『Kiss me』という曲をRemixしてもらって、 fu_mouさんがクラブで何度も歌ってくれたことで、またもアンセム化(ありがとうございます!)。fu_mouさんのイメージは、当初から、アンセムメイカーでした。それって、なかなか狙ってできることではなく、ただ良い曲というだけじゃない、「人から愛される曲」を作れるという証しです。それから『Abyssal Drop』をはじめオリジナル曲も発表し、メロディーメイカーとしての才能も発揮して。楽曲提供も、活発に行うようになって。いろんなところで活躍しているのを見ると、同じネット系クリエイターとして、すごく誇らしく思います。オリジナルアルバム発売、本当におめでとうございます!素敵なメロディーがここにあります。僕たちの好きなfu_mouさんが、ここにつまっています。

banvox

fu_mouさん、リリースおめでとうございます!fu_mouさんに出会ってから約5年程、その音楽にはいつもインスパイアされています。遂にリリースされるアルバムという事で本当に嬉しいです。Green Night ParadeやFlickerのREMIXなどから更に進化したサウンドになっていて、とても聴いてて心地よいアルバムです!ポップさに内包されたハードスタイル、是非みんな楽しんでください!

kors k (S2TBRecording)

気持ちよく身体に入って来る音。 真っ直ぐで澄んでいる歌。 心地良い!素直になりたくなる曲が多いです! 頑張る平日のBGMにも、週末にクラブで盛り上がるのにもいけちゃう理想のアルバム。 エモ散らかしまくりのfu_mou君ワールド、自然とリピートしちゃいます。

SmileR

なんだなんだ、イイじゃないか!待ちに待ったアルバムリリース。 きっと、みんなで聞けば笑顔、笑顔、笑顔!!! きっと、フロアで流せばアンセム、アンセム、アンセム!!! きっと、ぼっちでイヤホンなら涙、涙、涙!!! そうそう、みんなこれが欲しかったんだ!

2016.8.5 update

井内舞子

劇場版《とある魔術の禁書目録》の打ち上げの時。fu_mou君に紹介して下さい!とお願いしてアタック。
その後一緒にご飯を食べながら「あの曲と歌詞が好きだ」と言うと、歌いだした姿がかっこよかった☆
もらった音源をよく聞いていたから、アルバムが出て嬉しいな。

佐藤純一(fhána/FLEET)

fu_mouさんとは実は10年以上前から交流があったり、僕の曲をリミックスしてもらったりと大変お世話になっているのですが、ついに…!CDでのアルバムリリース!おめでとうございます!
fu_mouさんの音楽にはインディー・ロック的なスピリットとダンスミュージックの祝祭感があってとてもエモーショナルです。みんなで泣きましょう…!

中沢伴行

劇場版「とある魔術の禁書目録」の、劇中歌をそれぞれ担当した仲ですが、 繊細でキャッチーなサウンドを作るをfu_mou君の歌声まで聴けてしまうと言うこのアルバム!
僕も期待している一枚です!!楽しみ!!

水島精二

ちょっと切ない大人な音楽。疲れた時にすっと沁みる。夜になると今日も聞きたくなります……

HyperJuice

まずはフルアルバム完成おめでとうございます!現場でもプライベートでもずっと仲良くさせていただいているfu_mouさんの満を持してのアルバムリリース、素直に嬉しいです。普段ポップスの作家としても活動されている先輩が表立った作品を出す事自体とても刺激になります。ジャケットデザインが数多くのバンドを手掛けるBLACK BELT JONES DCの近藤さんという所もルーツが感じられて最高です。国内のプロデューサーによる日本の音楽が沢山の人に届く事を願っています。

michitomo

fu_mouさんのアルバム、エモさ1200%な1枚ですね!!
夜のドライブ、そして夜明け前に向かって明るくなってくる感じにぴったりな楽曲達。
エレクトロなんだけど胸の中から滾ってくるようなロックスピリッツを感じます!
そしてアプガに楽曲提供した「このメロディを君と」もfu_mouさんが歌うとこんなに表情が変わるんだと感動しました!
アルバムの中で特にぼくのお気に入りは「Shout」です!
トラックの静と動の揺さぶりとそしてfu_mouさんが血管切れそうになって歌ってるのを想像すると
たまんねぇ〜です。というかこればっかり聴いてます。すいません。
とにかく言えることはマストバイ!!!
絶対買いなさい!!!!

PandaBoY

fu_mouさん『with open』発売おめでとうございます!
今回CDを作るきっかけがアプガのマネージャーの山田さんの「fu_mouさん、CD 出しましょうよ」の一言だったと書いてあったけど、それ僕、横で聞いてて、知らない間に本当に作ってて驚きました(笑)
fu_mouさんのLIVEは何回も観てるので知ってる曲が多かったけど、改めて通して聞いてみてfu_mouさんのエモいメロディーと歌詞にはしっかりと芯があって、その中でエレクトロやベースミュージック、ROCKなど様々なジャンルのおいしいところが咀嚼されていて、POPSもダンスミュージック両方楽しめる絶妙なアルバムだなと思いました!
本当に本当にリリースおめでとう!!!!

Taku Inoue

これだけ様々なジャンルの曲を内包しながら、アルバムを通して一つのまとまりあるストーリーをしっかり紡ぐことができるのは、fu_mou氏の声とメロディの強さがあってこそなのだろうなあ。アルバムとして出す意味ってこういうことだよなあ。まーじ素敵です!!

MUSIC
fu_mou

MOVIE
Isora Iwakiri
Sachiyo Shindo

HAIR & MAKE
Mineko (Yoshino Office)

PHOTO
Kojiro Kondo (BLACK BELT JONES DC)

CAST
Akari Saho (UP UP GIRLS kakko KARI)

WEB
Shunsuke Sugiyama
Yashimako
tomad